JUNGIN GLASS blog

JUNGIN GLASS 大槌町&福島

DSCN5679

JUNGIN GLASS PROJECT・秋田NEXT4 報告

JUNGIN GLASS 大槌町へ

20110530009jd

河北新報さんよりお写真拝借。ニュース詳しくは→ 河北新報ニュースより/その時 何が ツアー客生還(岩手・大槌―秋田・五城目、井川)

DSCN5755

「一白水成」醸造元・福禄寿酒造の渡邉康衛さんから写真が到着(撮影・北嶋由宏さん)。 0311秋田県五城目の老人クラブの皆さんが岩手県大槌町へ旅行中に被災。

47NEWSより/岩手県大槌町の海沿いの浪板観光ホテル。農業笹川哲男さん(79)=秋田県五城目町=ら秋田のツアー客約40人が地下 で観劇をしていた。大きな揺れ。「津波が来るよ」。女性従業員2人が呼び掛けた。非常階段で外へ。誘導に従い、敷地の高台にある駐車場を目指し、坂をス リッパで駆け上がった。駐車場に着くと津波が来るのが見えた。「ここでも危ない。もっと上へ」。女性従業員が促し、国道を越えて線路まで急いだ。「駐車場にいたら助からなかった。フロント係やコックさんなどいろんな制服の人が誘導してくれた。冷静で素晴らしい対応だった」秋田に無事戻った一行。多くの人が「恩返しをしたい」と、逃げたときのホテルのはんてん姿で街頭に立ち、大槌町への募金を呼び掛ける。

DSCN5760

浴衣にはんてん、宿のスリッパ…着の身着のまま避難所へ向かった老人クラブの皆さんでしたが、大変な状況の中、大槌町の皆さんが親身になって世話を。そのおかげで全員無事に秋田へ戻ることができました。募金活動はそのはんてんを着て行ったそうです。大槌町の関係者の皆さんへ、五城目町から感謝と鎮魂の思いを込めた手作り灯籠も贈られました。

DSCN5786

元気な再会。笑顔でピース!

0311 あの日から、もうすぐ1年

IMG_4501

復興にはほど遠い地がほとんどです。

支援にはさまざまな形があると思います。

もどかしい気持ちが山ほどあったなかで、思ったのは「できることを、できるかぎり」ということ。

そう思ってはじめたのが 、JUNGIN GLASS PROJECT です。

10本売れたら1本が酒蔵から直接、復興地へ届く義援金ならぬ義援酒。

日本酒にはいいお米が必要です。

農あっての、日本です。米は主食であり国酒になります。

JUNGIN GLASS の10本は2.4畳の田んぼから生まれます。

そして、このJGは、10本売れるごとに、1本が東北の復興地へ届きます。

おいしい純米吟醸酒で心と身体を少しでも癒してもらいたい。

復興が進みつつある酒蔵を、純米吟醸酒を消費することで応援したい。

東北のお酒を飲んで、被災地のことを一緒に考えたい。

何より「純米吟醸酒はこんなにおいしいんだ!」と感動してもらいたい。

そんな思いを、小さな一合につめこんだ180ccの純吟グラスです。

明日からいよいよ福島県のJGが出荷となります。

R0077986 2IMG_3912

福島県のJGは、星自慢、蔵太鼓醸造元、合資会社 喜多の華酒造場さんです。放射能分析検査も問題なし。

R0088936R0088978

蔵元杜氏の星 敬志さんです。某酒販店のブラインドきき酒会であの有名銘柄を抜いて一位になったこと2度。実力派の美酒です。ただ銘柄によって味のタイプが異なるのが(もちろんおいしいですが)玉にキズ!? どちらのタイプも上手って星さん器用すぎ。

●星さん詳しくは↓

佐野屋さん訪問記

酒本久也’s TALK No.10 喜多の華酒造場

●喜多の華酒造場 福島県喜多方市字前田4924
電話0241-22-0268 FAX 0241-22-0268

__________________

☆JUNGIN GLASS PROJECT

販売店も増えました→ JUNGIN GLASS SHOP

最新情報は●face book fan page

R0088989

地震の揺れで障子が破れたという萩の鶴、日輪田醸造元・萩野酒造さんの蔵。どれだけ激しい揺れだったかわかりますね。

blog●JUNGIN GLASS PROJECT 第二弾出荷!宮城県・萩野酒造

R0089026

父息子で醸す蔵元親子杜氏

R0089103

佐藤曜平さんです!

R0089149

誰もが一口飲んで「おいしい〜!!」と声をあげる新酒のうすにごり。今、しか飲めない貴重な純米吟醸です。

●JUNGIN GLASS 宮城 日輪田

_________________________

JUNGIN GLASS PROJECT 関連ブログ

●blog 10人で飲んだら11人いる!? &グラス詳細

●blog 一合は180ml、お米にすると

●blog PURE CAFEではJG6県すべて飲めます

●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店

●blog 青森JG蔵 鳩正宗さん蔵直OK!

●blog 義援金ならぬ義援酒!JUNGIN GLASS PROJECT始動

●blog 東北酒フォーラム





JUNGIN GLASS PROJECT・秋田NEXT4

JUNGIN GLASS 義援酒の報告です

401345_357324517612811_285299448148652_1441306_881032473_nharugasumi2tate

秋田県はNEXT4に純米吟醸をつめてもらいました。オール新酒の生酒です!

左)「一白水成」醸造元・福禄寿酒造株式会社の渡邉康衛さん

右)「春霞」醸造元・栗林酒造店の栗林直章さん photo by ei izumida

R0089995aramasa-glass

左)「白瀑」醸造元山本合名会社の山本友文さん

右)「新政」醸造元・新政酒造の佐藤祐輔さん

______________________

成人式につづくJG贈り先の第二弾!お届け先が決まりました。

秋田県・NEXT4分は岩手県大槌町へ贈られることになりました。秋田県五城目町の老人クラブが命をすくってもらった大槌町。この町は地震と津波で大変な被害があり、町長をはじめ、役場の方、町民の方、大勢がお亡くなりになられました。

関連記事●【東日本大震災】命救った掛け声 「逃げろ」「高台に」 わずかな時間に誘導

JUNGIN GLASSは、五城目町の老人クラブがお世話になった浪板観光ホテルさん (こちらの宿の社長さん、若女将さんも犠牲になられました…。)を経由し、スタッフの皆さん、町民のかたへ、200本が25日に渡される事になりました。

jungin cup2

↑福禄寿酒造

おいしい純米吟醸酒が、皆さんの元気につながりますように!

●JUNGIN GLASS 趣意説明

R0090855 R0090862

JUNGIN GLASS (ジュンギン グラス)は復興途上の東北の方々を応援する「義援酒」です。この義援金ならぬ義援酒は、10本(JUNGIN GLASS10本は2.4畳の田んぼから生まれます)売れる毎に、1本が東北の復興地へ届きます。おいしい純米吟醸酒で心と身体を少しでも癒してもらいたい。復興が進みつつある酒蔵を、純米吟醸を消費することで応援したい。東北のお酒を飲んで、被災地の事を一緒に考えたい。何より「純米吟醸酒はこんなにおいしいんだ!」と感動してもらいたい。そんな思いを、小さな1合に詰めこんだ180ccの純米吟醸グラスです。


●JG販売店も増えています。詳しくは→ JUNGIN GLASS SHOP

●face book fan page

◉JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店

◉☆青森JG蔵 鳩正宗さん蔵直OK!





PURE CAFEではJG6県すべて飲めます

s_201202011858114f290cb36d7d5s_201202020741114f29bf874271b

PURE CAFEではJG6県すべて飲めます! どれも1グラスおつまみ付きで1000円です。全県の全蔵が飲めるのは今はこちらのみ。

先日お披露目会をしました→お酒担当タロウくんのブログをチェック!

s_201202020742394f29bfdf21cd9s_201202020746094f29c0b12c46b

野菜や大豆、海藻を使ったおいしいお料理もいっぱい!ぜひお試しくださいね。

●JUNGIN GLASS ホームページ

販売店はSHOPをご覧ください。

face bookのファンページ





☆青森JG蔵 鳩正宗さん蔵直OK!

R0085237

やってきました!青森県は鳩正宗さん。中野渡さんと杜氏の佐藤企さんです!

杜氏はお父さまも杜氏という父子2代杜氏。東京農大を卒業後、鳩正宗へ入社。南部杜氏の資格も有し、そしてこのたび、青森県の卓越技能者に選ばれました!

a0077019_15241291

ハトマサ・ブログによると→ 「卓越技能者は優れた技能を持ち、後進の育成に努める45歳以上の技術者に毎年贈られます。地元の水、米などを使い特別純米酒を完成させ商品化したこと、県産酒造好適米「華想い」の品種登録に尽力したことが評価されました」

おめでとうございます!

R0085753R0085764

企杜氏に蔵を案内してもらいました。

R0085767R0085768

R0085771R0085773

R0085775R0085780

R0085778R0085781

訪問時は本格稼働の前で、蔵内は嵐の前の静けさ。

R0085239

きき酒させていただきました。「八甲田おろし」そして「稲生(いなおい)」

R0085786

R0085787R0085789

山田錦を使った八甲田おろし 大吟醸

R0085790R0085791

青森県産米「華想い」を使った八甲田おろし 純米大吟醸

R0085795R0085794

青森県産「華吹雪」を使った八甲田おろし 大吟醸

R0085796R0085797

青森県産「華吹雪」を使った八甲田おろし 純米大吟醸

R0085799R0085802

青森県産「華吹雪」を使った稲生(いなおい)特別純米酒

佐藤企杜氏が手がけるお酒は清涼感あるきれいな味が特徴。バランスのとれた良酒です。JUNGIN GLASSには華吹雪55%の純米吟醸がつめられています。先日のお披露目会でも好評でした!

◉JG鳩正宗は、蔵直もOK。

ご注文は、電話・FAX・ネットでどうぞ。

TEL0176-23-0221  FAX0176-24-2532

「1ケース、30本以上の購入でしたら送料はいただきません。
バラでのご注文は、送料(関東で 500円~670円)をご負担いただきま
す」とのことです!

以下、鳩正宗さんより。

■お支払い方法
前払い、または代金引換でお願いいたします。

①銀行振込
(手数料はお客様ご負担とさせていただきます) ご入金が確認できしだい出荷いたします。

お振込先
青森銀行 十和田支店  普通 622760 鳩正宗㈱

②代金引換 (手数料として630円別途かかります)

よろしくお願いします :-o

R0085231

佐藤企杜氏にいろいろなお話をうかがいました。

それにしても ↓ :-o

a0077019_9155522

楽しそうだな。↑この企画! 移動が確保された酒蔵の旅は最高。

R0074430R0074431

左は昔の貯蔵蔵、右は事務所です。今は杉玉が新しいものになったそうです。

R0074436

今季もいいお酒が無事醸せますように!

R0074439

鳩正宗さん、お世話になりました!

R0074442R0074443

そして盛岡へ。新幹線まで1時間だけ時間があったのでクラムボンへよりました。

R0085243

R0085825

R0085824

自家焙煎コーヒー豆が有名ですが、どっこい喫茶メニューも充実。ブレンドコーヒーと番茶とワインが450円!

R0085823

なんと玄米ご飯が!

R0085245R0085248

玄米ご飯のカレーライスでサラダ別添えと、そのサラダがご飯に混ざった玄米サラダがあり。普段の主食は玄米なので、嬉しかったです。会いたかったよ〜!

R0085252

岩手の川村酒造店から始まった盛岡〜青森の酒&蔵巡り。北の日本酒をしみじみ考えることができた濃くて素敵な旅でした。思いのある人がいい酒をつくり、選ぶ。あれこれ思い出しながらコーヒーを飲み干しましたとさ。

R0085822

ここも温かな雰囲気!人ですね人!!





道の駅とわだとわだぴあでJG『青』発売

JGの青森『青』発売!蔵元は鳩正宗さんです。関東圏では未発売ですが、道の駅とわだ・とわだぴあで販売開始されました。詳しくは↓ 青森デスティネーションキャンペーンblog

『東北復興支援カップ酒(↓ブログよりお写真拝借 :-o

8d8d798809d2c329d0c085343ce916cc

『青』グラスです!壮観です。

e38a3c882f7aca288756feb8ad3c689663c9df43017c96c0639fba880f3169e2

__________________________________

鳩正宗杜氏を紹介します!

R0085231

佐藤企杜氏。きれいな酒を醸す新星☆杜氏。今、 注目の人!

R0085237

佐藤杜氏と統括部長の中野渡博幸さん。よろしくお願いします!






パチンコ屋さんでJUNGIN GLASS

神奈川県藤沢の勝浦酒店の勝浦一祝さんから以下のメールあり。

「 JUNGIN GLASS PROJECTのカップが東京、立川のパチンコ屋さんの景品で使っていただいております。
復興支援の取り組みをしておられるらしく、JUNGIN GLASS PROJECTホームページで見つけて、車で2時間かけて買いに来てくれました・・・(感謝)
お店のブログです。(自分もちょっと登場します・・・)
http://ameblo.jp/marionstyle/entry-11129211156.html
色々ありがとうございます。 頑張りましょう!

勝浦酒店  勝浦一祝  」

_______________________

そこでブログを見てみると(お写真拝借!)

t02200165_0640048011721074839

JUNGIN GLASSが〜っ。

鯉川さんの義援金つきのお酒もありっ! 日高見さんも!

ただ置くだけでなく、酒の後ろに説明POPが作ってあり、説明がしかと。嬉しいです。

宮城県の日輪田を扱う、坂戸屋の武笠さんにも連絡があったそうです。

立川南口店マリオンマート副店長たなかかめさんありがとうございます!

第二弾は日輪田!





寒いけれど、熱かった東北!JUNGIN GLASSを成人式でプレゼント。その1

R0089540

石巻雄勝地区成人式でJUNGIN GLASSをプレゼント!「日輪田」醸造元の萩野酒造、佐藤曜平さん。

7日土曜日からスタートした東北出張!ところどころ携帯カメラ

s_201201071832084f081118998d1s_201201072156114f0840eb3574f

仙台の夜、仙台在住のO沼さんの案内で、JUNGIN GLASS岩手よえもんを販売している錦本店隣の「酒の穴 鳥の心」

s_201201072136024f083c32aa22cs_201201072155094f0840ad5e872

→文化横丁の源氏さん!

s_201201072235114f084a0f4d865s_201201072255374f084ed98b829

キリッとした割烹着姿の女将さん。騒ぐ酔っ払いは皆無。大人が集う酒の店でした。

ティモーネというワインバーで〆。店主遠藤さんのセレクト&人柄素晴らしかったです。今回もそれはそれは素晴らしい出会いでいっぱいでした。皆様に感謝

s_201201072359594f085defb19e5s_201201080909044f08dea0a69b4

8日朝、仙台駅前でJGメンバー萩野酒造の佐藤曜平さん、デザイナーの川村明子さん、復興ライターの伝農浩子さんと合流。高速道路で伝農さんが「高速道路が明暗を分けたのです」と語る。高速道路にあがれた車は助かりましたが……。そんな非常時にそうとは知らない料金所では普通どおりにゲートをあけしめしていたという。時間を追うごとに迫り来る津波。背後の車から悲鳴があがったそうです。

s_201201080926504f08e2caca4ec

そして、大変な被害に合われた日高見・平孝酒造さんへ。

s_201201081139284f0901e0a1460s_201201081211494f09097592ca1

s_201201081212494f0909b158b58s_201201081624404f0944b825165

蔵内には痛々しい青ビニールがあちこちに。

R0089435

平井さんと杜氏さん!0311以後、停電2週間のあいだ、語りに語りあったという。

↓記事

『震災復興酒 希望の光 日高見』

『日高見の震災復興酒』

『日本酒津々浦々』

R0089444

平井さんのガッツ!

R0089467

そして石巻雄勝地区へと向いました。

R0089487

牡鹿郡女川町中心部

女川町 人口 10060人

死者575人 行方不明者361人

津波の高さは海抜14.8mを記録。3階建ての町庁舎も冠水。約1mの地盤沈下。

ガラーンとした空間が広がる海岸線をえんえん走り、胸をつまらせながら、成人式会場へ。

R0089488

本庁舎は津波の被害で、式典はプレハブの仮庁舎で行われました。

R0089496

飲酒運転防止に配慮して、家に持ち帰って飲むメッセージをつけました。

s_201201081958354f0976db79ae9 s_201201090023444f09b50014bee

式典終了後の皆さんへJUNGIN GLASS をプレゼント。

R0089513

R0089516

石巻市 人口 162822人

死者3182人、行方不明者595人

R0089539

超寒い中、20歳の眩しい姿を見て心は熱く。

R0089541

今回は人力隊の皆さんとジョイントさせてもらいました

R0089542

絞りの振り袖姿の女の子がお母さんと仲良く来場。「おめでとうございます。素敵ですね!」とお母さんに言うと「家も何も全部流されたでしょ。この子のお姉さんの着物もあったんだけど…。でもね、この子が成人式にこの着物をどうしても着たいっていうから(にっこり)」。黒に赤が組み合わされた渋く華やかな絞りの振袖長く愛用できる一着でしょう。20歳の「これを着たい!」に胸熱く。この地で新しいスタートをきる成人の皆さんの姿を見て雄勝に明るい未来を感じました。

R0089546

20歳の男子たち、なかなかおしゃれです。成人式に混じってもあまり違和感のない曜平さんであった。

そして曜平さんの車で南三陸ホテル観洋へ。

R0089551

女将さんです!

この↓記事を読んで、ぜひ宿泊したいと思っていたのです。

『被災地に可憐に芽生えた新たな産業のカタチ 震災に負けない人々(番外編) 阿部憲子・南三陸ホテル観洋女将』

この夜、南三陸町の成人式のお祝い会が開かれました。この町の成人の皆さんには山形県の鯉川酒造、佐藤一良さんのJGが配られました。鯉川酒造のある庄内町は、南三陸と姉妹都市。また、酒造りで使用している酒造好適米「亀の尾」の栽培農家さんがこの南三陸にいらっしゃいます。深いご縁、強い結びつきがあった鯉川酒造さんなのです!

R0089555

南三陸町に朝日がのぼる!

s_201201090647054f0a0ed945266s_201201090849254f0a2b856c8c6

↑部屋の窓の光景。この穏やかな海が荒れ狂ったのです。

R0089552

鯉川酒造さんは復興支援の取組みが早かった!『南三陸庄内の風』→記事

山形の地酒うめかわで販売中

翌朝、偶然、福島経由で山形入りする大阪・山中酒の店の山中さんにお電話をいただき、急遽、鈴木酒造店・磐城寿さん蔵訪問にジョイントさせてもらいました。

●取り急ぎの報告その1でした。





JUNGIN GLASS PROJECT 贈り先

c0018092_1453230

JUNGIN GLASS 岩手、宮城、山形、青森が出そろいました!

販売店は各蔵により異なります。全国のお店で、新しい出会いが生まれますように。

JGは10本売れると1本が被災したエリアの人たちに届けられる「10人が11人!」義援金ならぬ義援酒。

第一弾のプレゼント先が決定しました。

2012年1月8日。南三陸町の成人式で、新成人240人に贈ります。

日本のお米で、水で、丁寧に醸した純米吟醸酒で乾杯!熱い思いたっぷり注いだ1合=180ml。米の力で日本を元気に。応援してもらえると嬉しいです! 残るは秋田のNEXT4!

詳しくはホームページをご覧ください。取扱い店舗は続々増えています。

http://www.junginglass.com/


◉PRESS

10人が飲んだら11人が笑顔になる!JUNGIN GLASS PROJECT発動

____________________

◉JUNGIN GLASS PROJECT 関連ブログ

●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第二弾出荷!宮城県・萩野酒造

●blog 10人で飲んだら11人いる!? &グラス詳細

●blog 一合は180ml、お米にすると

●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店

●blog 義援金ならぬ義援酒!JUNGIN GLASS PROJECT始動

●blog 東北酒フォーラム

______________________

◉復興ニッポン

「手元に残ったのは、カメラだけだった」地元カメラマンが写真で綴った被災地の9カ月

南三陸町の佐藤信一さん 記事by伝農浩子さん





JUNGIN GLASS PROJECT 第二弾出荷!宮城県・萩野酒造

R0089082

JUNGIN GLASS PROJECT

第一弾の岩手県・川村酒造店さんに続き、宮城県の萩野酒造さんが出荷start!

地震で崩れた土蔵の壁、レンガの煙突。歴史ある上の写真の仕込み蔵も、今季のつくりが最後になるかもしれません。

痛々しい爪痕が随所に残りますが、すべてを乗り越え、ピンチをチャンスに萩野酒造さんは再出発を誓います!

R0089053

静まり返る蔵内。タンクから酵母のポコポコという音だけが響きます。

R0089060

麹室。8代目佐藤曜平さんです。父子揃って農大卒の技術肌で杜氏もふたりでつとめます。

R0089087

崩れてしまったレンガの煙突。

R0089085

傾き、壁が崩れた土蔵

R0089024

この土蔵は取り壊しが決定したそうです。

多大な被害がありました。ですが、被災したのはお蔵だけではありません。

東松島で町の開業医をしていた曜平さんの伯父さまも、犠牲になったひとりです。

「3.11の大津波で亡くなっているんです。 極度の防災マニアっぷりが仇になって、住民に非難を呼びかけている最中に巻き込まれたようです。このお酒は、伯父を慕ってくれていた東松島の人たちに飲んでいただきたいですね」

R0089106

JUNGIN GLASS PROJECTは、10本売れたら1本が被災地へ届けられる義援金ならぬ義援酒です。贈り先は蔵元さんのご意向にそって届けられます。

R0089120

このJG(JUNGIN GLASS )には、手間が何倍もかかる「うすにごり」を詰めてくれました。宮城県産「蔵の華」を100%使った純米吟醸酒です。

しぼりたてのフレッシュできれいな味に、力強いコクもあり、まさに今しか飲めない超限定品。

1合に生の「うすにごり」を詰めるなんて初めてだと思います。と、いうことは世界初!?

R0089107

詰める機械がない萩野酒造さんでは、一本一本手作業です。しかも、微調整が必要な「うすにごり」なので、毎日、少しずつしか詰める事ができません。

IMG_3942

ですが、それはそれは爽やかなコクがあります。そして、お米だけがつくり出せるほの甘さは感動的!

きれいな味わいの純米吟醸しぼりたて。限定数2000本。税込み500円です。

IMG_3934

●今現在の取扱店は以下の通りです

『むとう屋』@宮城郡松島町(12月24日までJR仙台駅でも販売)

『阿部酒店』@宮城県仙台市青葉区川内亀岡町

『坂戸屋商店』@神奈川県川崎市高津区

『酒庫なりよし』@福岡市城南区

◉岩手県の川村酒造店ともども、どうぞよろしくお願いします!

その他のお蔵さんも仕込み真っ最中!

_____________________

JUNGIN GLASS PROJECT 関連ブログ

●blog 10人で飲んだら11人いる!? &グラス詳細

●blog 一合は180ml、お米にすると

●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店

●blog 義援金ならぬ義援酒!JUNGIN GLASS PROJECT始動

●blog 東北酒フォーラム





中国新聞さん「今を読む」

中国新聞の北村浩司さんから「自身の経験を踏まえた被災地の農林水産業支援」について、執筆依頼がありました。

今、温めている企画「JUNGIN GLASS PROJECT」について書かせてもらいました。

おいしい日本酒には気持ちを動かす特別な力がある!そう思っています。

photo22chugokushinbun