JUNGIN GLASS blog

Monthly Archives: March 2012

JUNGIN GLASS PROJECT3月11日@mus mus

次の日曜日、3月11日はあの大震災から1年がたちます。
『JUNGIN GLASS PROJECT3月11日』を、新丸ビル7階のmus musで開催します。6県のグラスと東北素材のお料理で、復興地のことを思いながら東北の純米吟醸酒を飲んでみませんか。
2012 3月11日(日)夕方から
☆JUNGIN GLASSで東北を思う会☆詳しくは→mus mus ブログ

福島JG”きたのはな”が登場します!

blog●JUNGIN GLASS 山形・鯉川
blog●JUNGIN GLASS 大槌町&福島
●JUNGIN GLASS PROJECT

JUNGIN GLASS 山形・鯉川

JUNGIN GLASS・ 山形県は2つの蔵にお願いしました。ひとつは羽前白梅さんで、蔵元の羽根田修さんは杜氏も兼務しています。創業は文禄元年(1592年)というから古い!
そしてもうひと蔵が鯉川酒造さんです。創業は享保10年(1725年)。鯉川代表の佐藤一良さんいわく「山形には古い蔵がいっぱいあります」

蔵を訪問したのは1月9日でした。豪雪で、つららもビッグ!
この日はちょうど『JUNGIN GLASS』の2012新酒、美山錦の純米吟醸を搾っている最中

ひんやりと冷たく静まり返る蔵。蔵に入るとお酒をしぼるいい香りでいっぱい。そして、きれいな音が美しく響き渡っていました。

JUNGIN GLASS に入る純米吟醸 美山錦です。美山錦は精米50%。淡いエメラルドグリーン色した荒走りです。
「近年の美山錦の中では最高の出来です!」と佐藤一良さん笑顔。

品があり、コクがあり、欠点がない。素晴らしい出来の純米吟醸!

享保の10年、西暦1725年創業の鯉川酒造さん、佐藤さんで11代目。

大震災では、山形も震度5の揺れ、余震におそわれました。

古い蔵だけあり、震災では建物のあちこちに深刻なダメージを受けました。

杜氏の高松誠吾さんは北海道出身、第一ホテル勤務後、山口県の獺祭を経て鯉川酒造で酒づくり。

(右)浄水器です。
建物の修復にも、かなりかかったそうです。震災直後は当然のように電気は止まり、手動でポンプを動かしたといいます。とはいえ、佐藤さんは震災の被害をおくびにも出しません。「もっと大変な蔵がいっぱいありますから」
鯉川さんの母屋。

お正月でおめでたい掛け軸がズラリ

松尾大明神さまの掛け軸には長寿の亀さんも!
震災前から南三陸町のお米でお酒を造っていた鯉川酒造さん。震災後、いち早く南三陸町のお米で造った『南三陸・庄内の風』という義援金付きのお酒を販売しました。
記事

●“復興酒”で南三陸町を支援 庄内町の鯉川酒造
●南三陸と庄内の酒米で醸された復興願う酒
JGも快くうけていただき、すでに南三陸の成人式へ贈呈しています。
そんな、佐藤一良さんのもうひとつの顔は!

音楽家!
芸術大学卒。ピアノがひけて布団もひける蔵元。
その歌声もピアノもとってもきれいです♫

「うちのお酒は焼いちゃってください!」とお燗を推奨!

山形の技がしかと味わえる純米吟醸酒。レベルが高く飲みごたえがあります。真の純米酒好きにこそ飲んでほしい山形2蔵。ぜひ味わってみてくださいね。

◉鯉川酒造(株)
〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字興野42
電話 0234-43-2005
FAX 0234-43-2007
◉羽根田酒造(株)
〒997-1124 山形県鶴岡市大山二丁目1-15
電話 0235-33-2058 FAX 0235-33-1221

JUNGIN GLASS 大槌町&福島

JUNGIN GLASS PROJECT・秋田NEXT4 報告
JUNGIN GLASS 大槌町へ

↑河北新報さんよりお写真拝借。ニュース詳しくは→ 河北新報ニュースより/その時 何が ツアー客生還(岩手・大槌―秋田・五城目、井川)

「一白水成」醸造元・福禄寿酒造の渡邉康衛さんから写真が到着(撮影・北嶋由宏さん)。 0311秋田県五城目の老人クラブの皆さんが岩手県大槌町へ旅行中に被災。
47NEWSより/岩手県大槌町の海沿いの浪板観光ホテル。農業笹川哲男さん(79)=秋田県五城目町=ら秋田のツアー客約40人が地下 で観劇をしていた。大きな揺れ。「津波が来るよ」。女性従業員2人が呼び掛けた。非常階段で外へ。誘導に従い、敷地の高台にある駐車場を目指し、坂をス リッパで駆け上がった。駐車場に着くと津波が来るのが見えた。「ここでも危ない。もっと上へ」。女性従業員が促し、国道を越えて線路まで急いだ。「駐車場にいたら助からなかった。フロント係やコックさんなどいろんな制服の人が誘導してくれた。冷静で素晴らしい対応だった」秋田に無事戻った一行。多くの人が「恩返しをしたい」と、逃げたときのホテルのはんてん姿で街頭に立ち、大槌町への募金を呼び掛ける。

浴衣にはんてん、宿のスリッパ…着の身着のまま避難所へ向かった老人クラブの皆さんでしたが、大変な状況の中、大槌町の皆さんが親身になって世話を。そのおかげで全員無事に秋田へ戻ることができました。募金活動はそのはんてんを着て行ったそうです。大槌町の関係者の皆さんへ、五城目町から感謝と鎮魂の思いを込めた手作り灯籠も贈られました。

元気な再会。笑顔でピース!
0311 あの日から、もうすぐ1年

復興にはほど遠い地がほとんどです。
支援にはさまざまな形があると思います。
もどかしい気持ちが山ほどあったなかで、思ったのは「できることを、できるかぎり」ということ。
そう思ってはじめたのが 、JUNGIN GLASS PROJECT です。

10本売れたら1本が酒蔵から直接、復興地へ届く義援金ならぬ義援酒。
日本酒にはいいお米が必要です。
農あっての、日本です。米は主食であり国酒になります。
JUNGIN GLASS の10本は2.4畳の田んぼから生まれます。
そして、このJGは、10本売れるごとに、1本が東北の復興地へ届きます。
おいしい純米吟醸酒で心と身体を少しでも癒してもらいたい。
復興が進みつつある酒蔵を、純米吟醸酒を消費することで応援したい。
東北のお酒を飲んで、被災地のことを一緒に考えたい。
何より「純米吟醸酒はこんなにおいしいんだ!」と感動してもらいたい。
そんな思いを、小さな一合につめこんだ180ccの純吟グラスです。
明日からいよいよ福島県のJGが出荷となります。

福島県のJGは、星自慢、蔵太鼓醸造元、合資会社 喜多の華酒造場さんです。放射能分析検査も問題なし。

蔵元杜氏の星 敬志さんです。某酒販店のブラインドきき酒会であの有名銘柄を抜いて一位になったこと2度。実力派の美酒です。ただ銘柄によって味のタイプが異なるのが(もちろんおいしいですが)玉にキズ!? どちらのタイプも上手って星さん器用すぎ。
●星さん詳しくは↓
佐野屋さん訪問記
酒本久也’s TALK No.10 喜多の華酒造場
●喜多の華酒造場 福島県喜多方市字前田4924
電話0241-22-0268 FAX 0241-22-0268
__________________
☆JUNGIN GLASS PROJECT

販売店も増えました→ JUNGIN GLASS SHOP
最新情報は●face book fan page

地震の揺れで障子が破れたという萩の鶴、日輪田醸造元・萩野酒造さんの蔵。どれだけ激しい揺れだったかわかりますね。
blog●JUNGIN GLASS PROJECT 第二弾出荷!宮城県・萩野酒造

父息子で醸す蔵元親子杜氏

佐藤曜平さんです!

誰もが一口飲んで「おいしい〜!!」と声をあげる新酒のうすにごり。今、しか飲めない貴重な純米吟醸です。
●JUNGIN GLASS 宮城 日輪田
_________________________
JUNGIN GLASS PROJECT 関連ブログ
●blog 10人で飲んだら11人いる!? &グラス詳細
●blog 一合は180ml、お米にすると
●blog PURE CAFEではJG6県すべて飲めます
●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店
●blog 青森JG蔵 [...]