JUNGIN GLASS blog

Monthly Archives: December 2011

JUNGIN GLASS PROJECT 贈り先

JUNGIN GLASS 岩手、宮城、山形、青森が出そろいました!
販売店は各蔵により異なります。全国のお店で、新しい出会いが生まれますように。
JGは10本売れると1本が被災したエリアの人たちに届けられる「10人が11人!」義援金ならぬ義援酒。
第一弾のプレゼント先が決定しました。
2012年1月8日。南三陸町の成人式で、新成人240人に贈ります。
日本のお米で、水で、丁寧に醸した純米吟醸酒で乾杯!熱い思いたっぷり注いだ1合=180ml。米の力で日本を元気に。応援してもらえると嬉しいです! 残るは秋田のNEXT4!
詳しくはホームページをご覧ください。取扱い店舗は続々増えています。
http://www.junginglass.com/

◉PRESS
10人が飲んだら11人が笑顔になる!JUNGIN GLASS PROJECT発動
____________________

◉JUNGIN GLASS PROJECT 関連ブログ
●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第二弾出荷!宮城県・萩野酒造
●blog 10人で飲んだら11人いる!? &グラス詳細
●blog 一合は180ml、お米にすると
●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店
●blog 義援金ならぬ義援酒!JUNGIN GLASS PROJECT始動
●blog 東北酒フォーラム
______________________
◉復興ニッポン

「手元に残ったのは、カメラだけだった」地元カメラマンが写真で綴った被災地の9カ月
南三陸町の佐藤信一さん 記事by伝農浩子さん

JUNGIN GLASS PROJECT 第二弾出荷!宮城県・萩野酒造

JUNGIN GLASS PROJECT
第一弾の岩手県・川村酒造店さんに続き、宮城県の萩野酒造さんが出荷start!
地震で崩れた土蔵の壁、レンガの煙突。歴史ある上の写真の仕込み蔵も、今季のつくりが最後になるかもしれません。
痛々しい爪痕が随所に残りますが、すべてを乗り越え、ピンチをチャンスに萩野酒造さんは再出発を誓います!

静まり返る蔵内。タンクから酵母のポコポコという音だけが響きます。

麹室。8代目佐藤曜平さんです。父子揃って農大卒の技術肌で杜氏もふたりでつとめます。

崩れてしまったレンガの煙突。

傾き、壁が崩れた土蔵

この土蔵は取り壊しが決定したそうです。
多大な被害がありました。ですが、被災したのはお蔵だけではありません。
東松島で町の開業医をしていた曜平さんの伯父さまも、犠牲になったひとりです。
「3.11の大津波で亡くなっているんです。 極度の防災マニアっぷりが仇になって、住民に非難を呼びかけている最中に巻き込まれたようです。このお酒は、伯父を慕ってくれていた東松島の人たちに飲んでいただきたいですね」

JUNGIN GLASS PROJECTは、10本売れたら1本が被災地へ届けられる義援金ならぬ義援酒です。贈り先は蔵元さんのご意向にそって届けられます。

このJG(JUNGIN GLASS )には、手間が何倍もかかる「うすにごり」を詰めてくれました。宮城県産「蔵の華」を100%使った純米吟醸酒です。
しぼりたてのフレッシュできれいな味に、力強いコクもあり、まさに今しか飲めない超限定品。
1合に生の「うすにごり」を詰めるなんて初めてだと思います。と、いうことは世界初!?

詰める機械がない萩野酒造さんでは、一本一本手作業です。しかも、微調整が必要な「うすにごり」なので、毎日、少しずつしか詰める事ができません。

ですが、それはそれは爽やかなコクがあります。そして、お米だけがつくり出せるほの甘さは感動的!
きれいな味わいの純米吟醸しぼりたて。限定数2000本。税込み500円です。

●今現在の取扱店は以下の通りです
『むとう屋』@宮城郡松島町(12月24日までJR仙台駅でも販売)

『阿部酒店』@宮城県仙台市青葉区川内亀岡町

『坂戸屋商店』@神奈川県川崎市高津区
『酒庫なりよし』@福岡市城南区
◉岩手県の川村酒造店ともども、どうぞよろしくお願いします!
その他のお蔵さんも仕込み真っ最中!

_____________________
JUNGIN GLASS PROJECT 関連ブログ
●blog 10人で飲んだら11人いる!? &グラス詳細
●blog 一合は180ml、お米にすると
●blog JUNGIN GLASS PROJECT 第一弾出荷!岩手・川村酒造店
●blog 義援金ならぬ義援酒!JUNGIN GLASS PROJECT始動
●blog 東北酒フォーラム